手に取ってもらえる良さ

インクの着いた紙の蝶

折り加工はチラシ印刷の際に必要となることが多く、この折り加工にこだわることでより広告を手に取ってもらいやすくなります。今後のチラシ印刷は、時代を経てもプッシュ型広告としてのメリットがある以上、生き残っていくと予測されます。

もっと見る

デザインを決めてもらえる

色見本を見る人

激安特価でチラシを印刷してくれるサービスは沢山あり、またデザインも請け負ってくれる所もあります。多くの人を惹きつけるデザインにしてもらえるため、サービス対する注目度を高めていくことが出来ます。

もっと見る

真似をせずに個性を出す

女の人

いまはどこも集客を狙う為に様々な宣伝がなされています。一方で、フライヤー印刷もよく多様されるようになってからデザインが似てくるようになりました。しかしアドバイスを受けながら行なうのでかぶることもないでしょう。

もっと見る

業者に依頼

チラシを配る人

私は長い間サラリーマンとして働いていたのですが、この前脱サラしました。子供はいなくて私と妻だけの生活だったためにおもいきって進んでみることにしたのです。フランチャイズからのスタートだったのですが、色々と準備する事が多かったです。仕入れから店の方針、アルバイトの方を雇うということまで2週間という短い期間で準備しなければならないのでとても大変でした。 開店三日前までにどうにか頑張って準備し終えて、あとは商品が届いて陳列するだけとなりました。これは1日で終わるので安心してゆっくりと休めていました。自宅にいるときにふと思い出したことがあったのですが、それはチラシ印刷をしなければならないということです。

チラシ配布というのはしてもしなくてもいいので、店の方針によります。後で考えようと思っていたのですが忘れていました。自分で印刷して見ることも考えたのですが、普通の紙にしか印刷できなくて、やすっぽい仕上がりになってしまっていました。幸先の悪いスタートになってしまうなと思い、悩んでしまいました。そんなときに妻がネットで探してくれたのが、格安料金で利用できるチラシ印刷の業者さんです。1日で出来上がるとのことで、さっそくそのチラシ印刷の会社にお願いする事にしたのです。 近隣に配る1000枚をチラシ印刷してもらったのですが、割引され予想外の格安料金になり、何と翌日には手元に届いたのでとても良かったです。今でもコンビニは営業していますが、良いスタートが切れたおかげだと思っています。